男の人

事前に相談したい官公庁

オフィス

公証人と登記官に無料相談

会社に所属せず、自分の力だけで独立される方が増えています。ITの普及により、莫大な資本がなくとも一国一城の主となれる時代になりました。独立後に事業が軌道に乗った方の中には、会社設立を検討されている方もいるでしょう。しかし、会社設立手続きには、非常に高度な知識が必要です。生半可の知識では労力と時間を失うだけとなり、事業が疎かになってしまいます。東京で会社設立をお考えの方は、知識を蓄えるため2つの官公庁に相談することをおすすめします。相談したい官公庁の1つが公証役場です。会社設立時には会社の基本事項を記載した定款を作成し、公証役場で定款の認証を受けます。どのような定款を作成すべきなのか、誰が記名押印するのか、どの書類が必要になるのかを相談しましょう。相談料は無料となっており、費用負担はありません。東京法務局所属の公証人であれば、東京にある45ヶ所の公証役場を問わず相談可能です。また、法務局も必ず相談したい官公庁です。会社設立は、法務局への法人登記申請が認められてはじめて完了します。法人登記は商業登記法に則っていなければ、どのような申請も取り下げられます。また、1つでも不備があれば、補正があるまで登記手続きは止まります。登記申請のスペシャリストである司法書士に相談することがベストですが、ご自身で登記申請する場合には念入りに申請書の作成方法を相談しましょう。こちらも相談料は無料となっており、費用は発生しません。ただし、公証役場と異なり、東京内にある法務局であればどこでも良いというわけではありません。東京法務局並びに東京法務局出張所には、それぞれ管轄地域があります。相談前に本店所在地をどこに定めるかを決め、本店所在地を管轄する法務局に相談しなければなりません。

弁当

高齢者向けの配色サービス

現在、高齢者向けの事業をおこないたいのなら、まごころ弁当のフランチャイズに加入して、配食サービスを始めることをお勧めします。一番の難所になる営業は、マニュアル化されていますので、そちらにきちんと従えば順調に売り上げを伸ばしていけるでしょう。

レジスター

進化する精算システム

初期のレジは数字ボタン操作して売上登録を行っていました。しかしPOSレジではバーコードをスキャンするだけで登録ができます。現金以外の決済方法に対応したPOSレジも開発されており、利用の幅が広がっています。

手

開業までの流れ

事業を始める際には、介護フランチャイズを利用すると良いでしょう。業者選びは後々の展開が変わるので、慎重に行うようにします。地域に基づいて物件の候補を幾つか出してもらえるので、それを参考に選ぶと良いです。